音楽

2012年5月 6日 (日)

お気に入りのシンガー

Esperanza Spalding、耳触りの良い歌声と優しい旋律、Norah Jonesと共に今お気に入りのジャズプレーヤー兼シンガーだ。

下はNorahの大ヒット曲

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月20日 (火)

この時期に聞きたい曲

今年はクリスマスに雪が降る可能性が高いと、某気象予報士が言っていた。
この時期に聞きたい曲、やはり尽きるところは正統派”The Christmas Song”かな? 歌うのもやはりNat King Cole父娘

Bing CrosbyDanny Kaye、クリスマスと言えば定番はこの曲”White Christmas”と言うとこの映画を思い出してしまう。 勿論リアルタイムではないがTVの名画座で何度も見た。

"May your days be merry and bright; and may all your Christmases be white."

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

ピアニスト

 

Alexa_2

「生まれ変わったら何に成りたい?」と聞かれたらピアノが弾ける人に成りたいと答える。 好きな歌手は女性歌手のほうが多いが、数少ない好きな男性歌手のうちの一人がBilly Joelだ。 ”Piano Man”、”New York State of Mind”、”Just the Way You Are”、”The Stranger”、”Movin' Billyjoelsmotorcyclecollection2Out”、”Honesty”、”You May Be Right”、”It's Still Rock and Roll to Me”、”Tell Her About It”、”Uptown Girl”、”The River of Dreams”等のヒット曲があるが、飛行機、バイクと共に船好きな自分は”The Downeaster 'Alexa' と言う曲が好きだ。 Alexaと言うのは彼の娘の名前であり、彼の所有する3隻のBoatのうちの1隻の名前でもある。 そして友人と”Long Island Boat Co.”を共同経営している。 もう一つ彼が好きな理由はバイク好きな点だ、数十台のバイクを持っていて趣味が高じ”20th Century Cycles”と言うバイクショップも経営している。 フィーリングが合うと言うか何と言うか…。

そうそう彼はこんな歌も歌っている、アルバムには収録されていないそうだ。 ”The Motorcycle Song”(YouTubeではこれしか見つからない、映像は無関係)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

バイクに乗るときに聞きたい曲

昨日に続いて音楽の話を…。

バイクの出てくる映画と言ったら、何と言ってもこの映画を置いて他にはない。 Jack NicholsonDennis HopperPeter Fondaと言う偉大な3人の俳優を産み、アメリカン・ニューシネマを代表する映画の一つに数えられる。 残念ながらDennis Hopperは昨年亡くなったが、米国を代表する俳優の一人だった。 テーマ曲の”Born to Be Wild”はSteppenwolfの代表作だ。 この曲を聴きながら走るとスピードを出し過ぎてしまいそうになるので要注意。

この映画の中で大好きなもう一曲はThe Bandのこの曲”The Weight”だ。 映画の挿入歌としてはThe Bandが演奏していたが、サントラ盤では許可が下りずにSmithというバンドの演奏が入っているそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

飛行機が出てくる曲

 先日NHKの番組で流れていた”IT NEVER RAINS IN SOUTHERN CALIFORNIA”から連想して聞きたくなった曲がある。 飛行機好きな自分の琴線に触れる曲だ。 直ぐに思い出すのがPeter Paul & Maryの”Early Morning Rain”日本でのフォークソングブームは彼らとKingston TrioThe Brothers Fourから始まったと思っている。 時代を感じるのは歌詞の中の飛行機がBoeing 707であることだが、声の美しさとハーモニーの素晴らしさがいつまでも心に残る。

次に思い出すのがMerle Haggardの”Silver Wings”、アマチュアCountry Bandのメンバーだった自分にとって忘れられない曲の一つだ。 Country Music独特のバックコーラスとMerle Haggardの艶のある歌声が好きだった。 勿論うちのバンドでも演奏していた。

John Denverの”Leavin' On A Jet Plane”もその一つ。 時はベトナム戦争真っ只中、帰ってくるか判らない別れとは恋人を残してベトナムに行く…。 この曲はPeter Paul & Maryも歌っている。 また、映画Armageddonの中でBen AffleckがLiv Tylerとの別れの時に歌っている

そして冒頭のAlbert Hammondの”It's never rain in Southern California”になるが、これらのうちのどれか一曲を聞いても他の曲を思い出して聞きたくなってしまう。 ちなみにこの曲の飛行機はBoeing 747(しかしそれも今では現役からどんどん退いている)。

これらの曲は60年代中盤から70年代前半にかけての曲が多いことに今気付いた。

もう少し新しい曲は?というと、あの映画TOPGUNの冒頭に流れる曲Kenny Logginsの”Danger Zone”だ。 はっきりと飛行機などの単語は出てこないが、明らかに飛行機の事を歌っている。

続きを読む "飛行機が出てくる曲"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

シンディー・ローパー

東日本大震災が起こった。 それでもシンディは来日して公演を行い日本に対する思いを見せてくれた。

ちょうど飛行機に乗っていたので何が起こっているのかわかりませんでした。空港やホテルで、毛布をかぶった人たちがたくさんいて心が痛みました。 部屋でTVをつけたら、本当にすさまじい状況になっていることがわかりとてもショックでした。 でも、今、私は日本にいるんだから、何ができるかを考えています。私にできることは音楽。 私の歌で少しでも勇気を、少しでも元気を与えることができるなら、それが私の仕事と思っています。 日本は、これまで世界中の困っている人を助けてきた。 だから今回はみんなで日本を助けたい。 日本はRISING SUNの国。自分たちを信じて立ち上がりましょう。ガンバッテ!('11.3.14 スポーツ報知より)

 成田空港が閉鎖だったため到着は大幅に遅れた。 米国政府から米国民は福島から80キロ以上離れるように、外務省、本国からの帰国要請やスタッフ、バンドのメンバーからの帰国要望の意見に自ら頭を下げ公演をやりとおした。

私を迎えている日本に背を向けて帰るなんて、考えられなかった。 人間は脈や鼓動のあるリズムの生き物で、リズムに身を置くとき、私達はものすごく自由になる。 音楽を必要とする人々がいる限り、私は歌い続ける。('11.3.21 朝日新聞より

シンディー・ローパーを知ったのはもうずいぶん昔、”Girls Just Want to Have Funだった。 随分元気な女の子だなあと言うのが印象だった、その後”Tine after Time”等のヒットを次々とばして大歌手へと育って行った。

彼女は日頃から地雷撲滅の運動に参加したり、NYでは家を追い出された子供たちのための家を作ってる篤志家で、阪神淡路大震災の際も多額の寄付を行なった。

東京公演で最後の曲”True Colors”を歌う前に
日本人はストロング・ピープルだから、今起きてる悲劇も必ず乗り越えられるはず。 みんなで信じよう。 一人一人の心の中に強さがあるのだから。 この癒しの歌を一緒に歌いましょう
と、聴衆は涙が止まらなかったそうだ。
また、
今夜会場を出る前にみんなにお願いがあります。 (中略) …ひとりひとりがちょっとずつでもいいので、ぜひご協力お願いします。ひとりひとりの力は小さいかもしれないけど、それが集まると大きな力になるので。 この曲”True Colors”はヒーリング・ソング(癒しの歌)。みんなで歌って元気を出しましょう。一緒に頑張りましょう
そしてシンディ自身も予定外に聴衆の前に現れ、募金をしてくれた一人一人とハグや握手を交わしたそうだ。

大阪公演では終盤に聴衆からプレゼントされた日章旗を纏い、そして抱きしめるようにして予定になかったMarvin Gayeの名曲”What's Going On”を歌い、アンコール最後の曲”True Colors”を歌ったとのこと、勿論観客は総立ちだったとか…。

フランスは自国民に国外退去を勧告し、アメリカは福島から80キロ離れろとアナウンスした。 これらに従って逃げた人々を非難する気はない、自分だってそうするだろう。 しかし、そんな中あえて来日して我々の為に歌ってくれたシンディ・ローパーの勇気に感服した。 「シンディー、お前さんに痺れたぜ、あんたは女の中の女だ。 暫くはあんたの歌に浸りたい!」 明日”Memphis Blues”を買いに行く。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

この時期になると

 以前何度か見たためだろうか、この時期にYouTubeを見ると懐かしいCMの映像が候補に挙がる。 今は携帯電話が普及して音声でもメールでもすぐに連絡がつくようになり、便利にはなったが味気なくなった。 ”JR東海 X'mas Express”心が暖かくなる秀逸なCMだった。 山下達郎の名曲「クリスマスイブ」1983年にリリースされた曲だが、今でも古さを感じさせず毎年この時期になると何処からか聞こえてくる。

個人的には牧瀬里穂の笑顔と吉本多香美の涙がグッとくる。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

自治会主催コンサート

Image1320  10月18日、自治会主催のコンサートがあった。 場所は近所にある長浜ホール(元横浜検疫所の建物を利用している。 野口英世博士も若いころに勤務していた。)、私もスタッフの一人として朝から会場に…。
 会場が居住地から近いためギリギリに来る方が多いようで、開演10分前になっても2割程が空席、出演の荒川和子さんのほうから「10分遅らせましょう」とありがたい言葉、最初から聴いて欲しいと言う荒川さんの温かい心遣い、感激しました。 100席程の自治会が主催する小さなコンサートにここまで気を使ってくださるとは。 4年連続、しかもリピーター率90%の理由がこのあたりにある。

| コメント (0) | トラックバック (0)