携帯・デジカメ

2011年1月25日 (火)

スマートフォン

Info06

 9年ほど前からPDA(携帯情報端末=PalmPocket PC等)を使い始め、初代iPhoneの発売時にはいよいよ日本もここまで来た(以前から欧米ではPDAで公衆電話通信が出来、Black Berryはその流れ)と喜んでいたが、孫さんの会社から発売ということで※機能不足に購入を諦めた。

 ※おサイフケータイに対応していない、エリアが狭い(なんといってもDocomoが一番)。

Color02

 ところが、昨年秋になってXperia(Docomo)が発売され、今使っているケイタイが4年目を迎えた年末には全10機種(Docomo)となり選択肢が増えて、これは乗換えを準備しなくてはと情報の収集に励んだ。
 中でも目を引いたのが東芝製の”REGUZA Phone T-01C”だ。 OSこそAndroid 2.1と他機種に遅れをとっているが、近々2.2にバージョンアップすることを発表しているし、何よりも「防水」、「Blue ToothPBAPプロファイル搭載」そして「おサイフケータイに対応」の3点がうれしい。

 ○防水機能はバイクでのツーリング時に必要でジャケットのポケットが限定されずに済む。 つまり防水されていないポケットにも入れることが出来る。
 ○Bluetooth PBAPプロファイル”Phone Book Access Profile”は電話帳のデータを伝送するためのプロファイルだ。 何時もバイクに搭載しているzumo660とヘルメットのB+COMをBluetoothで接続して音楽やNAVI音声を聞いているのだが、zumo660はこのPBAPプロファイルを持つ携帯電話と接続すると電話帳データを自動的に読み込む機能がある。 そして電話帳を選択すると画面上に電話帳データを表示する。 着信時には登録された発信者名を画面に表示し、発信時には画面のデータにタッチするだけで発信でき、携帯電話に触ることなく発着信を操作することが出来る。
 ○おサイフケータイだが、モバイルSuicananacoVISA Touchヨドバシカメラ・ゴールドポイントカード等を携帯電話でかなりの頻度で利用しており自身の生活で欠かせない。
 ここまで調べて機種は決まったので12月に近くのDocomoショップに話を聞きに行った。 すると、実はおサイフケータイは未だ殆どが対応していないとの説明。 ヨドバシカメラ・ゴールドポイントカードは2010年11月に早々と対応済みだが、Edyは1月中、iDは2月以降、モバイルSuicaは2011年上半期、nanacoは2011年度中、VISA Touchは不明となっている。

Color03 なんだ、パンフレットの表紙にはおサイフケータイに対応と書いてあり、対応していない部分はパンフレットの奥に小さく書いてあるだけ、そそっかしい自分は危うく購入してしまうところだった。 よくよく見るとあと1年以上は待たないとならないようだ。 6月にはPanasonicがスマートフォンを出すらしいし、1年もしたら各社新機種を出す時期だし、ということで携帯電話と音楽プレーヤーそしてPDAの統合は一年以上先送りとなった。
 結果、記憶スペースの少なくなった32GのiPod Touchを姉に譲り新しい64GのiPod Touchを購入し、スマートフォン計画は中止となった。

| コメント (0) | トラックバック (0)